Ky29_02寒い冬、あらかじめスイッチを入れておいた電気毛布に包まると、寒さで縮こまっていた身体が自然と伸びて、とても幸せな気分になります。電気毛布使用については、自律神経を乱すのでゆたんぽのほうが良いという意見もありますが、熱帯夜のエアコンと同じで、睡眠の質を高める工夫も立派な養生です。

毎日、寒さと戦い続けて春を迎える身体は、知らぬ間に「寒さ負け」しているものです。たとえ電気毛布を使っていても、身体が冷えていると熟睡できません。気温が上がる日中に昼寝をすると、その差が実感できます。